【アシストのお仕事】アタック潰しとは??その効果は?サイクルロードレース

アシストという立場

 サイクルロードレース(自転車レース)は、一番最初にゴールした個人が勝者となるため、個人競技と思われがちですが、実際は高度な戦略を伴ったチームプレーで競う競技です。

最も勝てる確率の高い選手をエースとして、他の選手は「アシスト」となって、エースの勝利を支えます。

エースを牽引するのが仕事の基本

Embed from Getty Images

華々しい活躍をするエースには誰もが注目します。コアなファンは、アシストの仕事ぶりも楽しみます。身を粉にして働くアシストは、感動も呼びます。

そんなアシストの仕事の一つに「アタック潰し」というものがあります。

アタック潰しとは、一体どのような行為を指すのでしょうか。

 

スポンサードリンク
 

アタック潰しとは

そもそもアタックとは

 アタックとは、急加速をして、集団から抜け出す行為を指します。(集団ではなく、ライバルである個人に対するアタックもありますが。)

集団内で走っていた選手が、急加速をして集団を置き去りにして、ゴールしてしまおうということです。

Embed from Getty Images

集団の中にいたままで、ゴールを迎えると、勝ち目のない選手もいます。そういった選手は、中盤などでアタックをして、抜け出しておいて逃げ切り勝利を狙おうするのです。

 

アタック潰しとは

 ここからが本題です。

「アタック潰し」とは、アタックをした選手に突撃する!とか、前を塞いでやる!といった行為ではありません。

「アタック潰し」を簡単言えば、「アタックをした選手にピッタリ付いていく」行為のことです。他チームの選手がアタックをして、抜けだしにかかったら、すかさず反応して、その選手の後ろに付いていきます。

アタックをした選手と、二人で抜け出す形になる訳ですが、先頭交代は拒否します

後ろに張り付いていくだけなのです。

この行為は何のために行われるのでしょうか??

 

アタック潰しをする背景

 アタックした選手の後ろに張り付いていく「アタック潰し」にはどんな効果があるのでしょうか。

 例えば、今日のレースで、スプリンターの『S』を勝たせたいチームがあるとします。Sはチームのアシストたちに支えられ、集団内で平和に走っています。

 そして集団が丘を登っている地点で、他チームのパンチャーである『P』がアタック!!実力者のPをここで行かせてしまったら、逃げ切られてしまうかもしれません。

 そこで、Sのアシストである『A』は、「アタック潰し」を慣行します。Pの後ろに付いていきます。
 Pは、Aに先頭交代を要求します。しかし、Aはそれを拒否します。この拒否には、「おれはお前と逃げ切りたい訳ではない。集団にいるエースのSを勝たせたいからお前には行かせない」というメッセージが込められています。
Aは先頭交代してくれないので、PAに張り付かれたまま漕ぎ進めます。
 もうPはお手上げ状態です。たとえ頑張って逃げ切れたとしても、後ろに張り付いているフレッシュなAに勝利をかっさらわれる可能性が大きいのです。
Pは戦意喪失し、集団に戻ります。こうなればアタック潰しの成功です。

   

スポンサードリンク

潰しに挑む選手もいる

 アタック潰しの選手に張り付かれても、孤軍奮闘して逃げ切りを目指す強者もいます。

例えば、2017年のミラノ~サンレモでのペーター・サガンは、意地を見せました。

このレースでは、アタックをしたサガンに、スカイのクウィアトコウスキーと、クイックステップのアラフィリップが反応しました。

Embed from Getty Images

サガンは二人に先頭交代を要求しますが、二人は協力してくれません。

スカイはスプリンターのヴィヴィアーニを、クイックステップは同じくスプリンターのガビリアを集団に残していました。

「集団にいるスプリンターがエースだから、先頭交代はしないよ」というのが二人の口実です。

並の選手なら、二人も重りが付いてきたら、大人しく集団に戻るはずです。

しかし、サガンはこのアタック潰しに屈することなく、ほぼ先頭固定で逃げ続けます。

サガンの奮闘で、逃げ切りは確定したのですが、最後のスプリント勝負でクウィアトコウスキーに勝利は奪われてしまいました。

逆に、スカイやクイックステップのように、様々なタイプの選手を抱えていれば、このような戦略が採れる訳です。

順調に集団スプリントになれば、ヴィヴィアーニで勝負ができます。アタックが発生すれば、クウィアトコウスキーが反応して「エースは後ろの集団に残っているヴィヴィアーニだから先頭交代しない」という口実で先頭交代をせずに勝利を狙えるのです。

 

スポンサードリンク