【ロードバイク?TTバイク?】デュアスロンに出場する為の自転車は?

Embed from Getty Images

「ラン→バイク→ラン」で競うデュアスロン

トライアスロンに比べて、全て陸でできるので、幾分気軽に出場できますよね。

 

そんなデュアスロンに出場するためには、どのような自転車を選ぶと良いのでしょうか。

スポンサードリンク
 

集団走がOKかNGか

 出場するレースのルールの違いによって、選ぶ自転車は決まってきます。

そのルールの違いとは、、、『集団走が許されているかどうか』です。

集団走がOKのカテゴリーと、集団走NG(人の後ろに付いて走ってはいけない)のカテゴリーに分けて見ていきましょう。

 

『集団走OK』のカテゴリー

 このカテゴリーは、プロも出場するようなレベルの高いカテゴリーです。日本各地でデュアスロンのレースを開催するカーフマンでは「エリート」と呼ばれるカテゴリーです。

 このカテゴリーのバイクパートは、集団を形成して走ることができます。先頭交代をして、前の集団を追ったり、アタックがあったりと、自転車レースと同じように行います。

Embed from Getty Images

 自転車レースと同じように走りますので、このエリート」カテゴリーはロードバイクで走ります。

 エリートに出場する、目指したいという方はロードバイクを選ぶ必要があります。TTバイクでは出場できません。

 

『集団走NG』のカテゴリー

 他選手の後ろに付いて走ること(ドラフティング)が禁止されていて、一人で漕ぎ進めます。

一般に開催されるレースはほぼこのルールです。

Embed from Getty Images

 一人一人での走行となるため、↑のようなTTバイクが許可されているレースがあります。平坦なコースを一人で走ることに特化した空力に優れる自転車です。

(※アップダウンばかりの難コースであったり、カーフマンでのビギナークラスなどでは使えないので、絶対ではありません。ご注意ください。)

もちろんロードバイクでの出場もOKです。(ロードバイクでの出場が大多数。)

ロードバイクのハンドルにDHバーを取り付けて、エアロポジションを取れるようにしている方が多いです。

ロードバイクでもエアロポジションが取れます

プロファイルデザイン (Profile Design) T3 エアロバー アルミ

新品価格
¥11,980から
(2018/4/22 19:43時点)

まとめ

ドラフティング許可のレース(エリート)

ロードバイクのみ。

 

 

ドラフティング不許可のレース

TTバイク or ロードバイク

(ほとんどのレースで使えますが、TTバイク不可の場合もありますので、ルール要確認。)

 

 ロードバイクであれば、どのカテゴリーのレースでも出場できるので、不安な方はロードバイクが良いでしょう。
ロードバイクを使っている方が多数です。
 また、TTバイクは、平坦な道を高速走行することに特化しているので、乗り心地や、軽さは二の次となっています。
気軽なロングライドなどにも自転車を使いたい場合もロードバイクをお薦めします。
 デュアスロンのバイクで、ガンガンにスピード上げて、ごぼう抜きしてやるぞ!っという方にはTTバイクがもってこいです。

f:id:amicus-t-i-10:20180418141824p:plain

スポンサードリンク