【魅力的!】デュアスロンとは?トライアスロンとは違う?

デュアスロンというスポーツ

 デュアスロン(duathlon)というスポーツをご存知でしょうか??

なんとなく、トライアスロン(triathlon)と名前が似ていますが、どのようなスポーツなのでしょうか。その魅力と共にお伝えします。

 

スポンサードリンク
 

 

どんな競技?

 triathlonの「tri」が3を表すのに対し、duathlonの「du」は2を表します。

ということで、デュアスロンとは、2つの種目を合わせた競技なのです。

その2つとは、ランニング自転車です。

トライアスロンは、

スイム→バイク→ラン』を連続して行う競技ですよね。

f:id:amicus-t-i-10:20180420120821p:plain

 そこからスイムを抜いてしまったのがデュアスロンなのです。そして、スイムが無い代わりに、ランを二度行うのです。

デュアスロンとは、

『ラン→バイク→ラン』を連続して行う競技なのです。

ランニングが二回あるので、最初のランを『ファーストラン』、最後のランを『セカンドラン』と呼びます。

 

トライアスロンより気軽?

 トライアスロンをやってみようと思った時に、何が最も不安でしょうか。

スイムと答える方が多いと思います。

Embed from Getty Images

 自転車を漕ぐことと、走ることは、速さは別にすれば、取りあえずできますよね。

ですが、川や海、湖で長距離を泳ぐには、勇気が必要です。笑

 そのスイムが無いという点では、デュアスロンには幾分気軽に挑戦できると思います。

 すでに、ロードバイクに乗っている方や、日頃からランニングをしている方には、よりハードルが低いでしょう。

ゆくゆくはトライアスロンに出てみたい方の、トレーニングとしても良いでしょう。

スポンサードリンク

デュアスロンのきつい面は?

 トライアスロンより気軽に出場できるデュアスロンですが、やはり苦しむスポーツであることは変わりません。

というよりも、苦しむところに魅力があるスポーツでしょうか!?

デュアスロンは、走って、自転車を漕いで、もう一度走るのです。足を使って、足を使って、足を使います。笑

デュアスロンとは

 ファーストランから全力で走り、自転車に飛び乗った途端に、ふくらはぎがピキーン!なんてこともよく起こります。笑

足がつりながら自転車を漕ぎ、ストレッチをはさみながら、セカンドランをする、、、というのは、私の体験談です。

 まあ、凄い良い思い出になります。楽しいですよ。

 

どんな大会がある?

 各地で、デュアスロンを開催しているカーフマンという大会があります。

カーフマンのスペルは"calf man"で、calfはふくらはぎのことです。やはり、ふくらはぎ酷使レースなのです。。。

 カーフマンは、南関東ステージ、東海ステージ、など各地でレースが行われます。

各ステージで獲得したポイントで競い、年間のチャンピオンを決めたりもします。

プロも出場するエリートや、年代別で競えるエイジ、距離が短いビギナーなど、カテゴリーが分かれているので、自分の実力にあったレースに出られます。

 

 新しいスポーツに挑戦したい方、自分をいじめたい方、ゆくゆくはトライアスロンに出たい方、デュアスロンに挑戦してみてはいかがでしょうか!?

レースの流れは??

 実際のレースに出場したときの流れを大まかに書いてみます。

レース会場で受け付け
ゼッケンやレーススケジュールが記載されたパンフレットなどを貰います。
自転車をトランジッションエリアにセット
1stランが終わると、トランジッションエリアに入り、自転車を取り出して自転車競技に移ります。そのエリアに自転車やヘルメット、バイクシューズ等を置きに行きます。
レーススタート!!
1stラン
ラソン大会と同じように、スタートラインに並んで、一斉によ~いドンで始まります。最初からフルで行っても良し、後々のことを考えて、セーブして走っても良し。ご自分の実力に合わせて走りましょう。
トランジッション
1stランが終わるとトランジッションエリアに駆け込みます。(連続して行うので、走りながらそのままエリアに入っていきます。)
自転車を取り出し、こぎ始めます。
乗車ライン(乗り始めて良いライン)の前に乗ってしまわないように注意します。
バイク
落車に気をつけて漕ぎましょう。バイクマンは力の見せ所。バイクが苦手な人もなんとか粘りましょう。笑
トランジッション
トランジッションエリアに自転車を収納します。降車ラインを超える前に自転車から降りなくてはなりません。
自転車を置き、ランニングシューズに履き替えて、2ndランに移ります。
2ndラン
勝負の2ndランです。力を振り絞って走ります。
ライバルを一人でも抜きたいところです。
ゴール!!

 

スポンサードリンク