マイヨ・ジョーヌを提供するメーカーといえばどっちを連想??

権威あるジャージ

 ツール・ド・フランスの総合トップが着るジャージ、『マイヨ・ジョーヌ』。

世界チャンピオンが着るマイヨ・アルカンシェルと並び、最も権威のあるジャージではないでしょうか。

Embed from Getty Images

 

 通常、選手たちは、それぞれのチームが契約しているメーカーのジャージを着ています。スカイならカステリだし、BMCならアソスというメーカーですね。

 ですが、マイヨ・ジョーヌは、どのチームの選手が着ることになっても、その年のマイヨ・ジョーヌ生産を担っているメーカーのジャージを着ることになります。(ほぼ、あるメーカーで固定ですが。)

 

では、世界最高のジャージ、マイヨ・ジョーヌの生産を任されている名誉あるメーカーはどこなのでしょうか。

 

ルコックスポルティフ

Embed from Getty Images

 やはり、フランス。

フランススポーツ業界の雄、ルコックです。鳥のマークでお馴染みですね。

日本ではデサントが扱っていて、サイクルジャージも販売されています。

ルコックのクラシカルなジャージが好きだったりします。

マイヨ・ジョーヌといえばルコック!と最近はイメージが定着していますが、もう一つのメーカーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

それは、、、

 

ナイキ

 1996年から2011年の間はナイキがマイヨ・ジョーヌを担っていました。

言わずと知れたアメリカのビッグメーカーですよね。

Embed from Getty Images

ナイキがマイヨ・ジョーヌを担っていた間に、ナイキとべったりなアームストロングがツール7連覇を達成しています。

 

 権力を振りかざして、嘘を重ねてきたアームストロングがドーピングを認めたのが2012年。その2012年からマイヨ・ジョーヌルコックに戻っています。

アームストロングとべったりだったナイキのマイヨ・ジョーヌには、なんとなく金の臭いがしてしまうような。。。(すみません。)

頭の中で、ナイキのマイヨ・ジョーヌを思い出すとき、やはり着ているのはランス・アームストロングです。

まあ、特にそれとは関係のない変更だとは思いますが。

 

今後もずっとルコックなの??

 マイヨ・ジョーヌって、今後もずっとルコックスポルティフなのでしょうか。

 ルコックのマイヨは、ジャージ自体は最新でしょうが、襟が付いているように見えるデザインで、どこか懐かしさも保っているように見えます。

まあ地元フランスですし、ツールの伝統を守るためにもルコックが最適なのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク