デュアスロンに出場するための服装、ウェアとは??サイクルジャージ?トライスーツ?

Embed from Getty Images

 スイムが無いので、幾分気軽に出場できるデュアスロントライアスロンができない冬期には、各地でレースが行われています。

そんな陸のスポーツ、デュアスロンですが、どのような服装で出場すると良いのでしょうか。

 

①トライスーツ

 やはり、トライアスロンと同じように、トライスーツ(トライアスロンのユニフォーム)で出場している人が一定数います。お尻のパッドも薄めなので、ランもしやすいです。

カーフマンでのエリートカテゴリーでは、ほとんどの選手がトライスーツです。

 ただ、デュアスロンは冬場に行われることが多いので、トライスーツの下のもう一枚着ている方が多いです。↓

Embed from Getty Images

足も寒いため、カーフガード等を着用すると良いでしょう。(足へのダメージにも有効)

②サイクルジャージ

 エリートカテゴリーでは、トライスーツが多いのですが、その他のカテゴリーでは、サイクルジャージがほとんどです。

やはり、普段のロードバイクに乗る格好で出場できるのはお財布的にも嬉しいですよね。

 寒い場合は、長袖のサイクルジャージでも良いでしょう。

動きやすさを重視するのであれば、上下半袖のジャージで、ジャージの下にコンプレッションウェアを着たり、下はカーフガード等を利用すると良いでしょう。

 

まとめ

 デュアスロンに出場するためのウェア、服装は、上記の2パターンになると思いますが、その他のアイテムでの工夫は必要です。

レース会場に行くと、以外と温かい場合もあります。そんな時に、ジャージの下に保温性のあるコンプレッションウェアなんかを着ると、冬でも暑いです。。。

いくつかアイテムの候補を持って行き、薄手のコンプレッションウェアにするのか、そもそもサイクルジャージのみで走るのか、など現地の状況に合わせて対応できるようにしたいところです。