去年のフランドル主役はヴァンアーヴェルマートだったけど、今年は完全にテルプストラだね

するりと抜けだし逃げ切る

Embed from Getty Images

 もう、今年のフランドルのクラシックの主役はテルプストラですね!

次なるモニュメントのパリ~ルーベでサガンが勝てれば、サガンが肩を並べられるでしょうか。

 

先日、身長が高い選手ランキングのブログを書いてみました。テルプストラはランクインしませんでしたが、彼も190cmという高身長!

 今となっては、クイックステップ・フロアーズの中でも、石畳のレースで最も勝てる選手であり、チームからも信頼されていることでしょう。

 しかし、クラシック大好きベルギーチームで、オランダ人のテルプストラがこの地位につくのは大変なことだったようですよ。。。

ベルギーの英雄、ボーネンを勝たせるためにレースをかき乱すのが役割だったようです。

そんな様子が2015年のチクリッシモに書かれています。

その名も「春のクラシックレース号」。

なんとテルプストラだけについてのページが3ページあります。

 

3年前のチクリッシモですが、クラシックレースについて、すごい分かりやすく書いてあります。サイクルロードレースについて、こんな教科書的に書いてくれている物って、あまりないですね。

 

と、話がズレてしまいましたが、今年のテルプストラは本当に強いですね。絶対王者ボーネンが引退してから、クイックステップは混沌としていた感じがしますが、チームワークも抜群に見えます。

次なるビッグレースのパリ~ルーベが楽しみで仕方ありません。

その後のアルデンヌクラシックでは、ジルベールもやってくれるでしょうか。

 

・・・あとは、ニバリ強すぎませんか!?

2014年のツールでも、石畳で凄く良い走りをしましたけど、今回のロンドでも目立ちましたね。

Embed from Getty Images

フルームとかキンタナとグランツールで総合争いをする選手が、こんだけ北のクラシックでも走れてしまうんですね。恐ろしいです。。。

スポンサードリンク