【対処法】ママチャリのサドルが動かない、上がらない!そんなときは・・・

あれ、サドルが動かない・・・

 自転車のサドルの高さを久しぶりに変えようとしたとき、レバーを緩めても全く動かせないときがあります。動かせたとしても、物凄く固い場合もあります。そんな時はどうすれば良いのでしょうか??

目次

 

スポンサードリンク
 

                                                                          

迷わず油を!

 『サドルが動かない』『上がらない』と思ったら、迷わず油をさしましょう!サドルを支えている棒(シートポスト)が、車体の中に刺さっていますよね。その棒の、車体の中に入っている部分が錆によって、車体と固着してしまって、サドルが動かなくなってしまっているのです。

 なので、油を差す場所は、シートポストが車体に差し込んでいる口の隙間のところです。これで大抵の場合は動きます。

自転車(ママチャリ)のサドルが動かない、上がらないときの対処法

ぜひ使って欲しい最高の潤滑油

ワコーズ(WAKOS) MTL多目的防性・潤滑スプレー A334 [HTRC2.1]

新品価格
¥1,300から
(2018/3/22 18:47時点)

                          

それでも動かない場合は『待つ!』

 油を差してみても、動かない場合があります。そんなときは、しばらく待ちましょう。

f:id:amicus-t-i-10:20180420110203p:plain

固着してしまったシートポストと車体の隙間に油が染みこむのを待つのです。

 以前乗っていた自転車のサドルが動かなくなってしまった際に、油をさしても動かないことがありました。その日は諦めましたが、次の日に動かしてみると、いとも簡単に動きました。一日かけて染みこんだのだと思われます。

 ダメなら、次の日!に試してみましょう。

                                                                          

おすすめの油は?

                                                                          

食用油は本当にやめて。。。

 使用する油なのですが、浸透力が強いものが望ましいのです。意外と多いのが、まさかの食用油を使ってしまう事件。ジョークではなく、本当に食用油を自転車に使って、ギトギトにしてしまう方がいます。浸透する訳がありません。。。

                                                                          

一家に一つあると安心な潤滑油

 おすすめとして、あったら役に立つ万能油をご紹介します。ワコーズのメンテルーブという油です。浸透力がまるで違います。今回のような錆で固着してしまう状態の時にはもってこいです。他の油で無理でも、これならいけるかもしれません。チェーンに差してもよし!の万能油です。

 これが1300円ほどで買えるのが嬉しい限りです。

ワコーズ(WAKOS) MTL多目的防性・潤滑スプレー A334 [HTRC2.1]

新品価格
¥1,300から
(2018/2/13 08:43時点)